ひとりごと

ホームページ再生

永らく停滞していたホームページが再生され、復活しました。再生というより再活性化です。COVID-19のおかげで時間の余裕ができそうなので、ホームページを再構築しようと思いついたのが、去年の今頃。一年かかってようやくリスタートです。これからもよろしく、といったところでしょう。

ところで、今、焼きものがブームだそうです。COVID-19及びその変異体が猛威を振るっているにもかかわらずです。なぜでしょう。本当のところはわかりませんが、幾つかの点は想像できます。その中でも土に触れることの喜びが挙げられます。体験とりわけ電動ろくろでの体験では、土に触れるとその感触にまず、皆さん感動します。そしてすごく集中してうつわを作ります。できあがった時は満足そうにして終わります。とても楽しいらしいです。焼成後に引き取りに来られると、さらに感動です。「かわいい」ということばがふさわしいようです。作っている最中は、「手は出さないが口は出す」がぼくのスタンスですが、そこでのことばはぼくから出ていることばではなくほとんど土の代弁です。土は口を持っていないのでしゃべることはできませんが、ことばにならないことばでぼくに話しかけてくるのです。このことに気づいたのはごく最近です。焼きものを作りたいと思って、時間と料金をかけて、わざわざ工房にきてくださっているのだから、お客さんの満足が第一というのが筋でしょうが、どうやら違うようなのです。お客さんと土がシンクロして、一体化する事を望んでいるようなのです。土が満足することによってお客さんの想像を超えた充実感・満足感を土と僕が提供できればという構造です。焼きものやそれにまつわる文化は大変奥が深いものですが、ほんの数時間の経験でもその世界に浸ることはできます。大方の方のアンテナは鋭いです。ただ、そのアンテナがキャッチした信号に気づかないだけです。そして一歩踏み出して土に触れれば、スムーズに世界は広がります。

今後ともホームページをよろしく。