ひとりごと

びっくり仰天

びっくり仰天とは「おどろいて天をあおぐこと。非常におどろくさまにいう(国語大辞典)」
『卓』展まであと1ヶ月を余すところ。会員の皆さんは焼成に向けて一心不乱気味。ぼくは昨年に出品するつもりの作品を使うので、全くのんびり、でもなく、体験コースの対応に追われまくりっぱなし。
そんなことはともかく、いろいろなことにまくし立てられ、このブログも全然更新されていなかったのですね。
そんなことはともかく、びっくり仰天。『卓』展の期間中、県民ホールギャラリーは、第一展示室の『卓』展のみ開催で、他の展示室は空っぽなそうな。昔は抽選でなかなか展示室をゲットできなかったのに、空っぽとは。ぼくとしては、抽選日が過ぎているけれども空いているかなと思って、ギャラリーに問い合わせたらガラガラでその時もびっくり仰天。でも、うちらだけの展示っていうのも寂しいですよね。
そんなことはともかく、会員の皆さん、ガンガン宣伝してくださいね。陶芸に興味がある方、相当充実した展覧会なので、ぜひ、顔を出してくださいね。
ああ、びっくり仰天!