秀夫のひとりごと

宗教の話その一

9月になっても、相変わらず体験のお客様が途切れず、ようやく、のんびりできた今日この頃である。といっても、明日からはまたまた忙しい日々に追われるようだ。 久しぶり

続きを読む

そして『卓』はなくなった

まさか、このような事態が訪れるなんて、思いもしなかった。 本当なら(こういった言い方が正しいとは思わないが)明日から展示会『卓』は始まるはずだった。会員のみなさ

続きを読む

ワクチン

焼きものとは全然関係なく、ようやく2回のワクチン接種が終わった。ぼくは当然、高齢者枠なのだが、ぼくよりも5歳若い方も高齢者だ。不思議なものだ。小学生の頃なら学年

続きを読む

触れると触れ合う

5月28日に東京大学大学院教授・林香里さんの論考を引用し、触れると触るについてコメントをしたが、今度は触れ合うと触れる。 触れ合うとは、主体と主体がそれぞれに対

続きを読む

再び内村航平

体操という競技だけではなく、フィギュアスケートでもそうだし、自らが回転することによって成り立つ競技はいくつもあるが、回転すること自体のみで競技が成り立つのは、鉄

続きを読む

触ると触れる

5月27日朝日新聞論壇時評において東京大学大学院教授・林香里が「コロナ禍と五輪 傷にふれて、語り継げるか」という論考を寄稿している。  東京五輪・パラリンピック

続きを読む

土を練る

土を練るとはどういうことか?土の中の空気を取り除くとか、硬さを均一にするとか、粒子を綺麗に並べ替えるとか、いろいろとよく言われるが、最近ぼくは土を練るとは土にマ

続きを読む

内村航平

今日、テレビのインタビューで、体操の内村航平が素敵なことを言っていた。「鉄棒の声を聴くんですよ」「自分を出さないで鉄棒と一体化するんですよ」「練習というより研究

続きを読む

ちょっと落ち着いた

連休の喧騒も終わり、削りも終わり、素焼きも終わり、釉がけも終わり、今、本焼き。 ヘトヘトになりましたが、いろいろなお客さんがいらして、いろいろなお話をして、楽し

続きを読む

怒涛のゴールデンウィーク

5月1日から始まった5日間の連休。まさに怒涛の日々だった。何せ5日間、連日の満席状態だったのだから。こんなことは横濱陶藝倶樂部で体験コースを設置してから初めての

続きを読む

最新記事一覧